国民年金基金とか保険とかわかる?

あなたは、国民年金基金と言うものを知ってますか!? 『国民年金基金』 通常、「会社員がもらえる年金」と、「自営業者などがもらえる年金」の差額を解消する為に作られた制度になります。
これは、公的な年金制度です。
※平成3年に作られています。
<国民年金基金と言う制度について> 自営業者など、年金の第1号被保険者が通常の年金とセットになっています。
それで老後にもらえるようになっています。
簡単に言えば、基礎年金にプラスしてもらえると言うことですね。
公的な年金制度が国民年金基金と言うことです。
昔から年金制度と言うと、基礎年金だけでした。
それでは、どうしてこのような国民年金基金が新たに設立されたのでしょう!? まず、会社員の場合について言うと、ご主人がサラリーマンの場合があります。
この場合、国民年金にプラスして、厚生年金に加入しています。
それと、自営業で国民年金しか加入していない人がいます。
これは、老後にもらえる金額に差が出てくると言うことです。
自営業の人は、厚生年金に加入しません。
自営業と、会社員の間に起こる、年金の様な差額を解消する為に、自営業者の間で、上乗せの年金を求める声が強く起こりました。
自営業者の為の国民年金基金制度が創設されています。
生命保険必要ない?入ってない理由【お金の無駄なの?】