FX会社の分別管理と信託保全とは?

FX業者の安全性を確認するために必要となる、資産管理の方法についてですが、良く耳にする方法に、信託保全と分別管理があります。
これらの資産管理方法の仕組みについて、口座開設時に知っておいた方が良いでしょう。
信託保全とは、信託銀行が信託財産として保護しているということです。
つまり、顧客がFX業者に預けた資金を、信託銀行が管理しているため、万が一FX業者が倒産してしまっても、顧客の資産は返金されるというものです。
最近、信託保全が義務付けられていますが、まだまだ全額ではないところもあるので、前もって確認しておくようにしてください。
分別管理は信託保全と間違われやすいものです。
しかし、中身は全く違うものであるので、しっかりと区別がつくようにしておきましょう。
分別管理とは、FX業者と顧客の資産を別にして管理しています。
その目的は、顧客の資産が預けた会社のお金として使われることを防ぐというものです。
しかし、実際には業者に悪用されてしまうという問題も引き起こしています。
また、分別管理の業者が倒産した場合は、顧客が預けた資産が返金されないこともあり得ます。
分別管理だからといって、顧客の資金を必ず返金できるという意味ではないことを、覚えておくようにしてください。
より安全な業者に証拠金を預けるためにも、信託保全で資金を管理する業者が良いでしょう。
FXで利益を確保するためには、安全で安心して取引が行える会社が一番です。
FX信託保全